NATURE PHOTO−岩手の自然− URL http://takosumi.sakura.ne.jp/
E-MAIL  SITEMAP
HOME ギャラリー 壁紙・カード 写真講座 自己紹介 掲示板 リンク集
□基礎
カメラ レンズ フィルム 絞 り
シャッター速度
露 出自動露出(AE)

■ シャッター速度

ホーム写真講座>シャッター速度
シャッターとは薄い金属のいたが数枚重なって出来ています。
カメラのシャッターボタンを押すとこの金属の板が上に上がってフィルムに光が届き、光を当て終わると板が下に下がって光をさえぎります。

 □ シャッター速度

シャッター速度とはシャッターの板があいている時間のこのとで、
シャッターが開いている時間だけフィルムが感光するわけです。

このシャッター速度は秒単位で、
「1/4000・1/2000・1/1000・1/500・1/250・1/125・1/60・1/30・1/15・1/8・1/4・1/2・1秒・2秒・4秒・8秒・15秒・30秒」のように、高速側から一段ずつ倍になっていきます。

一段シャッター速度が遅くなると、写真の明るさは倍になります。

一段シャッター速度が速くなると、写真の明るさは半分になります。

 □ シャッター速度と明るさ
シャッター速度で明るさを調節することができます。

シャッター速度を早く(高速)すると、
フィルムに感光させる時間が短くなり写真は暗く写ります。

シャッター速度を遅く(低速)すると、
フィルムに感光させる時間が長くなり写真は明るく写ります。

つまり、明るい被写体は早いシャッター速度でも写りますが、
暗い被写体は長い間フィルムに感光させないと写らないので
遅いシャッター速度で撮ります。

 □ シャッター速度と流れの関係
シャッター速度は明るさ調節だけではなく
水の流れや物の動きに関係してきます。

たとえば噴水を撮るとします。
高速シャッター(1/2000秒など)ですと
シャッターを開いている時間は一瞬なので噴水の水は氷のように止まって写ります。

低速シャッター(1/15秒など)ですと
シャッターを開いている時間が長くなり、その間に噴水の水が動いて流れて写ります。


 □ 低速シャッター
1/30〜1秒ぐらいを低速シャッターと呼びます。
低速シャッターを使うと水の流れはブレて白い糸のように写ります。
またフィルムに光が当たる時間が長くなるので明るく写ります(絞りを固定の場合)。

低速シャッターにすると露光時間は長くなり、
カメラは露出のバランスを撮るために絞りを絞り込み、光量を少なくします。

低速シャッターは手ブレを起こしやすいので三脚を使ったほうがいいです。

 □ 高速シャッター
1/250〜1/4000秒ぐらいを高速シャッターと呼びます。
高速シャッターを使うと水の流れは止まり、氷のように写ります。
またフィルムに光が当たる時間が短くなるので暗く写ります(絞りが固定の場合)。

高速シャッターにすると露光時間がすくなるので、
カメラは露出のバランスとるために絞りを開き、光量を多く取り入れます。


 □ バルブとタイマー NEW

バルブ(B)もタイマー(T)も1秒以上のスローシャッターを切るときに使います。
使う場面としては花火や星、夜景を撮るときなどです。


バルブ
シャッターボタンを押している間だけシャッター幕が開きます。
シャッターボタンを離すとシャッターが閉じ、露光が終了します。

タイマー
シャッターボタンを押すとシャッター幕が開きます。
もう一度シャッターボタンを押すとシャッター幕が閉じ、露光が終了します。


ホーム  フォトギャラリー  壁紙とカード  写真講座  自己紹介  掲示板  リンク集

このサイトはリンクフリーです。Copyright (C) 2004-2005 Takosumi.