NATURE PHOTO−岩手の自然− URL http://takosumi.sakura.ne.jp/
E-MAIL  SITEMAP
HOME ギャラリー 壁紙・カード 写真講座 自己紹介 掲示板 リンク集
□基礎
カメラ レンズ フィルム
絞 り
シャッター速度露 出自動露出(AE)

■ 絞 り

ホーム写真講座>絞り
一眼レフのレンズには絞りと呼ばれる部分があり
8枚ぐらいの金属の羽根が円形に重なって出来ています。

この絞りを大きく開いたり小さくすぼめることによって、
光を多く取り入れたり少なくしたりして、光量を調整します。

 □ F値
絞りには「F値」というものがあって、光を通す光量によって変わってきます。
F値は、明るい方から「1.4・2・2.8・4・5.6・8・11・16・22・32」と一段ずつ暗くなっていきます。

ちなみに、0.5段ずつだと
「2・2.4・2.8・3.3・4・4.8・5.6・6.7・8・9.5・11・13・16・19・22」
のようになります。

一段変わるごとに明るさが2倍になります。
F2.8からF4になると、写真の明るさは2倍になります。
同じくF8からF11になるのも2倍です。

数字だけ見るとF1.4からF2は0.6しか違わないように見えますが、
2倍明るさが違うのです。

また、逆にF4からF2.8になると、明るさは半分(1/2)になります。

このF値は、露出の時などに関わってきます。覚えていたほうがいいです。



■開放F値(絞り)
レンズの絞りを一番大きく開くことを開放F値もしくは開放絞りと言います。
この開放F値がレンズの最大の明るさになります。

■最小絞り
レンズの絞りを一番小さくすぼめることを最小絞りと言います。
 □ 絞りと明るさ
レンズに付いている絞りは、
主に露出(写真の明るさ)を調整するために使います。

露出を調整するには、絞りの穴を大きくしたり小さくしたりして、
光量を多く取り入れたり少なくしたりします。

そうすると写真が明るくなったり、暗くなったりします。


絞りを一段絞り込むと、フィルムにとどく光量が半分になるので
写真は暗くなります。

絞りを開くと、フィルムに届く光量が倍になるので
写真は明るくなります。

 □ 被写界深度
レンズの絞りは被写界深度と深く関わりがあります。
ピントを合わせた物の前後にもピントが合っているように見える範囲があります。
これが被写界深度です。


この被写界深度は絞りを大きく開いたり小さく閉じたりすることで変化します。

・絞りを小さく絞るとピントが合う範囲が広くなります(被写界深度が深くなる)。
・絞りを大きく開くとピントが合う範囲が狭くなります(被写界深度が浅くなる)。


被写界深度はレンズの焦点距離や撮影距離によっても変化します。

・レンズの焦点距離が長いと被写界深度は浅くなりやすく、
・焦点距離が短いと被写界深度はふかくなります。

・撮影距離が遠くなると被写界深度は深くなり、
・距離が近くになると被写界深度は浅くなります。


また、画面の全てにピントが合っていることをパンフォーカスと呼びます。
上記の理由により、広角レンズで絞りを絞るとパンフォーカスになりやすくなります。

ホーム  フォトギャラリー  壁紙とカード  写真講座  自己紹介  掲示板  リンク集

このサイトはリンクフリーです。Copyright (C) 2004-2005 Takosumi.