NATUREPHOTO−岩手の自然− URL http://takosumi.sakura.ne.jp/
E-MAIL SITEMAP
HOME ギャラリー 壁紙・カード 写真講座 自己紹介 掲示板 リンク集
ギャラリーINDEX
□PHOTO GALLERY
新着写真 春の写真夏の写真 秋の写真冬の写真花の写真朝夕の写真夜空の写真天体の写真デジタル
しし座流星群

■ しし座流星群特集2001

ホームフォトギャラリー>しし座流星群2001
写真クリックで拡大もう一度クリックで縮小
sisiza01-04 sisiza01-07 sisiza01-08 sisiza01-09
sisiza01-11 sisiza01-13 sisiza01-15 sisiza01-16 sisiza01-18
sisiza01-19 sisiza01-20 sisiza01-21 sisiza01-22 sisiza01-23
sisiza01-27 sisiza01-30 sisiza01-32 sisiza01-33 sisiza01-41

  星降る夜

2001年11月18日、家族みんなでしし座流星群を見るために、
撮影ポイントに近いコテージに泊まった。

部屋の中で準備を済ませ、夜まで一眠りしていると、
「ピーポーン」突然チャイムが鳴った。
何事かとお母さんがでてみたら、コテージの人だった。

「流れ始めましたよ!」と、教えに来てくれたのだ。
「え、もう」と、窓から外を見てみた。「あ、ほんとだ!早く行かないと。」

みんなを起こして準備をさせた。時計を見たら11時頃だった。
車に乗って、10分先の撮影ポイントに急いだ。


「あ、また流れた。」移動している間にも、
窓の外では東から西まで一直線に流れ星が何こも流れていた。

10分後、撮影ポイントについた。「あ、これとこれ持ってくれる?」
撮影機材などを家族に持って貰った。
そこから3分ほど歩いて、そこにカメラをセットした。

カメラは全部で2台。片方には途中で買ってきたISO1600のネガを、
もう一台にはISO400のリバーサル入れていた。
(このカメラは結局、フィルムがうまく送られず写ってなかった・・・。)

「お父さんはこのカメラで撮って。」と頼んで、お父さんと二人で撮影した。

まるで夢でも見ているみたいだった。空一面流れ星が降り注いでいたのだ。

撮影もなにもかも忘れて、ただ流れ星を見ていたかった・・・。
そのときだ!辺り一面昼間のように明るくなったのだ。
周りから歓声が上がった。

それは、・・・火球だ!。火球が流れたあとに、流星痕が残っていた。
すぐさまカメラを向けてシャッターを切った。シャッターを開いている間、
双眼鏡で流星痕を見てみた。

なにやら、モヤモヤした雲みたいな物が連続的に形を変えていた。
何ともいえない美しさだった。


その後も火球がいくつも流れた。夜も更け、あたりは冷え込み、
とても寒く手の感覚は無くなっていた。
みんなも寒さに震えながら、雨のように降り注ぐ流れ星を見つめていた。

その後、流星嵐は夜明けまで続き、東の空は美しいグラデーションを見せていた。
朝焼けの空の中を、流れ星はまだ流れ続けていた。

このときだけは夜が明けて欲しくなかった…。



  流星群の写真について


1.一部の写真の星が長時間露出したため線を描き、流星と区別しにくくなっていますが、ほかの星とは違う方向に流れているのが流星です。

2.目で見えていてもフィルムには明るい流星しか写つりません。しかも、プリントした写真をスキャナーで取り込んだのでさらに暗い流星は見えなくなっています。



  関連リンク

私の撮影した写真とは、比べものにならないくらいの写真が掲載されています。
是非訪れてみて下さい。
(別サイトです。)

アイベルのページ「速報!しし座流星群写真集」

アストロアーツのページ「2001年しし座流星群ギャラリー」

ホーム  フォトギャラリー  壁紙とカード  写真講座  自己紹介  掲示板  リンク集

このサイトはリンクフリーです。Copyright (C) 2004-2005 Takosumi.